植物性乳酸菌ってなぜいいの?

テレビなどで植物性乳酸菌という言葉を聞いたことがあるかと思います。

でも、植物性乳酸菌って一体何なの?何がいいの?と思ったことはありませんか?

 

乳酸菌を含んだ食品といえばまずヨーグルト、あとはチーズやカルピスなどの乳酸菌飲料を思い浮かべるのではないでしょうか?これら乳製品に含まれている乳酸菌は一般的に動物性乳酸菌と呼ばれています。しかし、乳酸菌はこれら乳製品だけのものではありません。

 

お味噌やお醤油、ぬか漬けなど、伝統的な日本の食材も乳酸菌が含まれた食材です。また、海外の伝統的な食材にも乳酸菌食品はたくさんあります。例えば韓国のキムチや中国のザーサイなども乳酸菌食品です。これらに乳製品意外の食材に含まれている乳酸菌を総称したものが植物性乳酸菌と言うわけです。

 

 

動物性乳酸菌は温室育ちの弱い子

牛乳やヤギなどミルクと呼ばれるものには乳糖が入っています。動物性乳酸菌はこの乳糖を分解して栄養源とすることで繁殖してい生きていくことができる微生物。

 

ミルクのように栄養が豊富で温度の安定した環境でしか繁殖することができない弱い菌なのです。また、酸にも弱い特徴があります。例えるなら温室栽培のように環境を整えて大事に大事にしてあげないと育たないわけです。

 

そのため動物性乳酸菌を摂取したとしても腸に腸にたどり着くまでに胃酸や胆汁に負けてしまいます。乳酸菌を腸まで届けるのが難しいという理由はこの弱さにあります。

 

 

植物性乳酸菌は塩分や酸にも負けない強い子

植物性乳酸菌はミルクで育つ動物性乳酸菌に比べかなり過酷な環境で生き抜くことができます。その理由はその生息環境、ぬか漬けやお醤油、お味噌には大量の塩分が含まれていますしキムチには多くの酸が含まれています。しかし植物性乳酸菌はそんな過酷な環境で息抜き繁殖できるたくましい微生物なのです。

 

植物性乳酸菌が注目されているのはこのたくましさにあります。私達が乳酸菌の恩恵に預かるには腸まで届ける必要がありますが、このたくましい植物性乳酸菌ならそれが可能になるわけです。

 

 

 

植物性と動物性にはこのような違いがあったんですね。
せっかくなら腸へ届く植物性を摂りたいものですが、一つ大きな注意事項があります。それは塩分。

 

お漬物や鮒寿司、お味噌など植物性乳酸菌が入っている食品には塩分もたくさん入っていることを忘れてはいけません。お腹の環境を整えるつもりが高血圧や腎機能の低下となっては元も子もないですからね。

 

伝統的な食材で乳酸菌を補給できるのは嬉しい事ですが食べ過ぎは禁物ということです。善玉菌を十分に補給したいならサプリメントがおすすめです。